ホーム  >   看護連盟ニュース  >   6月6日通常総会

看護連盟ニュース

2011年6月22日6月6日通常総会


「最重要課題は労働環境の改善」(久常会長)

開会の挨拶に立つ久常会長 全国から約2800人の会員が集まった
 
 日本看護協会の通常総会が、6月6日、パシフィコ横浜(神奈川県)で始まり、会員ら約2800人が参加した。会の冒頭では、東日本大震災で犠牲になった137人の会員への黙祷が捧げられた。開会の挨拶に立った久常節子会長は、延べ3800名もの災害支援ナースが被災地での支援活動に取り組んだことを報告し、「被災県の実態をふまえて的確な支援ができた」と会員の活躍を称えた。
また、本総会をもって退任となる久常会長は6年間の任期を振返り、7対1看護配置の実現や、看護基礎教育の改革などを成果に挙げ、現在の最重要課題は看護職の労働条件・労働環境の改善であると訴えた。
 
 看護職の労働環境についてはこれまで、久常会長の在任中に起きた2人の看護師の過労死問題を契機に緊急実態調査を実施。夜勤の多さ、超過勤務の長さ、シフトとシフトの間の短さ等の問題点を明らかにし、看護管理者の職場づくりガイドの作成、ワークショップの開催など、看護職にむけた定着事業を展開してきた。
 さらに、厚生労働省に医政局長、保険局長、労働基準局長、職業安定局長からなる「看護師等の『雇用の質』の向上に関する省内プロジェクトチーム(PT)」が設置されたことも成果の一つだ。同PTでは、看護職の労働時間管理の適正化、労働環境の改善策などが検討課題となり、労働環境コンサルタントによる病院支援、十分な勤務感覚を確保したうえでの交代制勤務の推進などが議論された。
久常会長は労働環境の改善について、今後はさらなる改善策が必要であることを強調した。
 
 協会執行部からは、今年4月1日の公益法人化にともなう総会運営規則改正について、総会運営規則案の説明があった。主な変更点は、代議員の権利と議長権限の明確化で、代議員の質疑時間の優先確保、議長による不適切な発言の制限などが示され、質疑応答を経て賛成多数で可決された。
 
 通常総会は7日も開かれ、役員選挙、公益社団法人日本看護協会設立記念行事などが行われる。8日には、看護師、保健師、助産師の職種別の交流会が同会場で開催される。
 
医療ユニフォームは多数のメーカーが出展していた また同会場では、医療ユニフォームや看護用品、医療機器などのメーカーによる展示会「看護フェア2011」(日本経営協会主催)も同時開催された。出展社数は年々増加し、今年は73社が各々の商品やサービスを展示。来場者は展示物を手に取ったり、実際に体験したりしながら、最新のユニフォームや、災害時に活用できる看護用品などについて情報を収集していた。

最新看護連盟ムービー

  • 特別公開:HANA♪うた
  • 看護連盟プロジェクト
  • 看護連盟ニュース

  • 看護連盟ムービー

  • マンスリーメッセージ

  • あべ俊子国政活動ニュース

  • たかがい恵美子活動報告

  • 石田まさひろ活動報告

  • 木村弥生きむやよ通信

  • WEB N∞

    日本看護連盟の機関誌アンフィニの
    バックナンバーから、注目を集めた
    ページをピックアップ。

  • 目指せ!連盟マスター

    日本看護連盟の機関誌アンフィニに
    連載されている、政治の仕組みを楽しく
    学べるページを再録。

  • キーワード

    今、流行の言葉、注目の言葉、覚えて
    おきたい言葉を、そっと?教えます。

  • Weekly N∞

    ファクスニュース「Weekly アンフィニ」の
    注目ニュースが読めます!

  • ブログ

看護連盟について
 ベッドサイドから政治を変える! 日本看護連盟
日本看護連盟
  • 住所〒150-0001
  • 東京都 渋谷区神宮前5-8-2
  • TEL03-3407-3606
  • FAX03-3407-3627
  • http://www.kango-renmei.gr.jp/