ホーム  >   看護連盟ニュース  >   「看護師特定能力認証制度」:看護師と医師との間に温度差

看護連盟ニュース

2011年12月6日「看護師特定能力認証制度」:看護師と医師との間に温度差


12月1日に開催された社会保障審議会医療部会(部会長=齋藤英彦・国立病院機構名古屋医療センター名誉院長)では、これまで特定看護師(仮称)という呼称で検討が進められてきた「看護師特定能力認証制度」の創設について議論された。同制度は、高度な教育研修を受けた看護師が、侵襲性の高い一部の医療行為(特定行為)を行えるよう国が認定するもの。医療の質や患者のQOL・満足度の向上につながるとして厚生労働省が提案してきた。専門的な能力を備えた看護師が増加しながら、看護師が実施可能な医行為(診療の補助)にグレーゾーンが多い問題を解消する制度としても注目を集めてきた。一方で、特定行為の範囲や、安全管理体制のあり方、教育体制の整備などが課題にあがっていた。

この日の会議では、看護師の高度な教育研修制度を創設すること自体に委員からの反対はなかった。齋藤訓子委員(日本看護協会常任理事)は、介護分野において医療ニーズの高い患者の増加が予想される現状を鑑み、患者の医療ニーズに看護師が対応することに対し患者の理解を得るためにも同制度の創設が必要であると表明した。一方で、中川俊男委員(日本医師会副会長)は慎重な構えを見せた。同制度の創設を、深刻な医師不足に乗じて「ミニ医師をつくろうとしているように見える」と指摘し、すでに看護師に認められている「療養上の世話」や「診療の補助」を充実させることで、医療の質の向上や患者の信頼は得られると述べた。また、西澤寛俊委員(全日本病院協会会長)も、同制度の創設以前に、すべての看護師ができる範囲を明確にすることと看護師全体の底上げが重要であるとの見解を示した。

他の委員の意見は賛成多数でありつつも、医師側委員に慎重な傾向がある。今後は、7日に開催されるチーム医療推進会議での議論を経て、医療部会に報告される見通し。

最新看護連盟ムービー

  • 特別公開:HANA♪うた
  • 看護連盟プロジェクト
  • 看護連盟ニュース

  • 看護連盟ムービー

  • マンスリーメッセージ

  • あべ俊子国政活動ニュース

  • たかがい恵美子活動報告

  • 石田まさひろ活動報告

  • 木村弥生きむやよ通信

  • WEB N∞

    日本看護連盟の機関誌アンフィニの
    バックナンバーから、注目を集めた
    ページをピックアップ。

  • 目指せ!連盟マスター

    日本看護連盟の機関誌アンフィニに
    連載されている、政治の仕組みを楽しく
    学べるページを再録。

  • キーワード

    今、流行の言葉、注目の言葉、覚えて
    おきたい言葉を、そっと?教えます。

  • Weekly N∞

    ファクスニュース「Weekly アンフィニ」の
    注目ニュースが読めます!

  • ブログ

看護連盟について
 ベッドサイドから政治を変える! 日本看護連盟
日本看護連盟
  • 住所〒150-0001
  • 東京都 渋谷区神宮前5-8-2
  • TEL03-3407-3606
  • FAX03-3407-3627
  • http://www.kango-renmei.gr.jp/