ホーム  >   看護連盟ニュース  >   認知症患者のQOL向上に何が必要か?:日本認知症ケア学会大会

看護連盟ニュース

2011年10月4日認知症患者のQOL向上に何が必要か?:日本認知症ケア学会大会


9月24日と25日、横浜パシフィコ(神奈川県)で日本認知症ケア学会大会が開かれた。テーマは「認知症の人の生活の質を高める」。国内の医療機関や介護施設から大勢の発表者・参加者が集まった。

挨拶に立った本間昭・日本認知症ケア学会理事長は、これまでの認知症ケアの歴史を振り返り「80年代は身体拘束等、“ケアなき時代”があった。90年代になってようやく人として普通の暮らしのための専門的ケアが生まれ、2000年代はその人らしさを尊重するケアになった」と述べた。

また、過去の反省点として「医療態勢が不足し、介護サービス中心のケアがなされてきた」とし、認知症の診断や治療に関する研究開発の重要性を強調した。現在、医療行為により治療可能な認知症は1割ほどと言われているが、遠山育夫氏(滋賀医科大学)等複数の研究グループで研究成果が出されていることに言及。今後の普及への期待をにじませた。

各講演・発表のなかには、看護職に関連の深い内容も多数見受けられた。

岡田進一氏(大阪市立大学大学院生活科学研究科)は特別講演「認知症ケアの原点と介護保険制度」と題する講演で、「短期記憶の低下などで日常動作ができなくなる喪失感に思いを馳せることが大切だ。デイケアなどで意欲を高めようとすることが、逆に苦しめることになりかねない」と述べ、認知症患者の内的な世界の理解の重要性を訴えた。

イギリスの社会心理学者キッドウッドが「認知症の原点」として提唱した「その人らしさの尊重」についても触れ、「徘徊やBPSD(周辺症状)による暴力・暴言にも意味がある。BPSDはコミュニケーションを図ろうとした最大限の努力である。そこにはメッセージがある」と語った。要介護者を不当に子ども扱いしたり、本人の思いを放置したりする社会的な対応について「人としての尊厳が守られているのか、振返らなければならない」とした。

在宅診療の草分け的存在の和田忠志氏(医療法人財団千葉健愛会あおぞら診療所高知潮江)による特別講演「認知症と高齢者虐待」では、高齢者虐待の現状を報告したのち、「加害者支援の重要性」について語られた。

認知症高齢者への虐待が発生する背景には、加害者(介護者)自身の疲弊や貧困が隠れていることが多い。和田氏によると、軽度の知的障害や認知症、アルコール依存症などが見られる加害者も多いという。また、数年間にわたる配偶者間あるいは親子間の暴力がある場合は「ケア側からの指摘や説明に意味がないことが多い」と指摘した。

しかし、医療者や介護従事者のケアにより、生活ゆとりができることで、緩和することがあるという。そのうえで和田氏は「医療者や介護従事者はチームによる対応や他職種連携が需要。支援の過程では、家族との信頼関係作りがうまくいかないこともあるが、それでも進展していればいい」とエールを送った。

認知症ケアには、自治体としての取り組みも必要不可欠である。本大会開催地の横浜市の事例について、上島幸隆氏(横浜市健康福祉局高齢健康福祉部高齢在宅支援課)は「地域包括ケアシステムの推進による認知症高齢者施策の展開」と題して講演した。

横浜市では、認知症高齢者(日常生活支援度Ⅱ以上)の人数が平成16年の約4万人から右肩上がりに増え、平成22年には約6万5000人となった。高齢者の11.5人に一人が認知症という計算である。

対応策としてはまず、37人の認知症サポート医を養成。開業医を対象に認知症ケアの研修を実施し800人超が受講したという。その他、介護と医療の連携推進や介護予防事業を進めているが、「現状としては難しい。広がりが持てず、継続性に欠く面がある」と上島氏。

今後の対策として、介護予防事業のリニューアルを検討しているとし「これまで委託事業者主体の運営だったが民間主体のサロン型にし、対象者もハイリスク者でなく希望者全員としたい」と上島氏はビジョンを示した。

なお、本大会では、各施設で行われているケアや地域交流などの様子をポスター形式で発表するブースや、利用者が作ったアート作品などの展示ブースもあり、参加者は興味深そうに見学していた。

最新看護連盟ムービー

  • 特別公開:HANA♪うた
  • 看護連盟プロジェクト
  • 看護連盟ニュース

  • 看護連盟ムービー

  • マンスリーメッセージ

  • あべ俊子国政活動ニュース

  • たかがい恵美子活動報告

  • 石田まさひろ活動報告

  • 木村弥生きむやよ通信

  • WEB N∞

    日本看護連盟の機関誌アンフィニの
    バックナンバーから、注目を集めた
    ページをピックアップ。

  • 目指せ!連盟マスター

    日本看護連盟の機関誌アンフィニに
    連載されている、政治の仕組みを楽しく
    学べるページを再録。

  • キーワード

    今、流行の言葉、注目の言葉、覚えて
    おきたい言葉を、そっと?教えます。

  • Weekly N∞

    ファクスニュース「Weekly アンフィニ」の
    注目ニュースが読めます!

  • ブログ

看護連盟について
 ベッドサイドから政治を変える! 日本看護連盟
日本看護連盟
  • 住所〒150-0001
  • 東京都 渋谷区神宮前5-8-2
  • TEL03-3407-3606
  • FAX03-3407-3627
  • http://www.kango-renmei.gr.jp/