ホーム  >   前会長のマンスリーメッセージ  >   第22回参議院選挙で得た自信とエネルギーをもとにさらに強い組織づくりを目指していきます

前会長のマンスリーメッセージ

2011.2第22回参議院選挙で得た自信とエネルギーをもとにさらに強い組織づくりを目指していきます


昨年のクリスマスに群馬県から始まったタイガーマスク運動が全国に広がりを見せています。ランドセルだけでなく、文房具やおもちゃ、お菓子、お小遣いなどなど贈られる種類も多くなり、この運動に参加している伊達直人さんも年齢、性別を超えてさまざま。地域社会とのつながりがなくなり、不景気な話ばかり続いているわが国で久しぶりに心温まる運動で、一時的な現象で終わってほしくないとのマスコミの論評が続いています。急に児童福祉施設にカメラが向き、子どもたちがランドセルを背負ってありがとうと口を揃えて感謝の言葉。こうした施設に焦点が当たって、多くの国民が関心を持ってくれることは嬉しいことで、心ある国民の社会貢献活動が一層広がることを期待したいと思います。同時に、この機会にさまざまな児童や障害者の施設、そしてそこで働く職員が実に厳しい状況におかれている現実に、政治も行政ももっと向き合ってほしいと願います。こんな状況を改善することなく、裕福で必要でもない人にまで子ども手当てはいかがなものかと、つくづく思ってしまいます。
その子ども手当ての増額を含めた、2011年度予算の審議が始まっています。菅内閣は、自民党で財務大臣まで務められた与謝野経済財政担当大臣を中心に、社会保障と税の一体改革をまとめる方向を明示されました。できるだけ早い段階で野党との協議を進めたいとの政府与党の意向も出されています。与野党を超えて、知恵を出し合って一刻も早く成案を得てほしいと願います。野党となった自民党も、かつての勝手放題の菅野党をモデルにするのでなく、豊富な経験ときちんとした政策で対峙していただきたいものです。
日本看護連盟は1月末、全国会長会議を開催し、22回参議院議員選挙を総括した上で、新しい年度の活動方針について協議しました。日本看護協会の表立った支援が得られないという環境の中で、自ら考え、自ら行動し、自ら成果を出した参議院議員選挙は全国会長たちの自信につながり、更に大きなエネルギーを生み出しています。
日本看護連盟はこうしたエネルギーを受けて、25万票以上獲得できる組織になることを目指して活動を続けます。

前会長 : 清水 嘉与子

前会長 : 清水 嘉与子

過去のマンスリーメッセージ
最新看護連盟ムービー

  • 特別公開:HANA♪うた
  • 看護連盟プロジェクト
  • 看護連盟ニュース

  • 看護連盟ムービー

  • マンスリーメッセージ

  • あべ俊子国政活動ニュース

  • たかがい恵美子活動報告

  • 石田まさひろ活動報告

  • 木村弥生きむやよ通信

  • WEB N∞

    日本看護連盟の機関誌アンフィニの
    バックナンバーから、注目を集めた
    ページをピックアップ。

  • 目指せ!連盟マスター

    日本看護連盟の機関誌アンフィニに
    連載されている、政治の仕組みを楽しく
    学べるページを再録。

  • キーワード

    今、流行の言葉、注目の言葉、覚えて
    おきたい言葉を、そっと?教えます。

  • Weekly N∞

    ファクスニュース「Weekly アンフィニ」の
    注目ニュースが読めます!

  • ブログ

看護連盟について
 ベッドサイドから政治を変える! 日本看護連盟
日本看護連盟
  • 住所〒150-0001
  • 東京都 渋谷区神宮前5-8-2
  • TEL03-3407-3606
  • FAX03-3407-3627
  • http://www.kango-renmei.gr.jp/