ホーム  >   前会長のマンスリーメッセージ  >   次期参議院選挙を目指して決断の年

前会長のマンスリーメッセージ

2012.1次期参議院選挙を目指して決断の年


昨年の暮れに名取市の仮設住宅を訪問しました。訪問看護師の派遣活動を始めて7か月。住民の皆様からはこの活動に温かい感謝の言葉や高い評価をいただいているというアンケート結果は届いていたのですが、実際に訪問看護振興財団のマーク入りのユニフォームを着た看護師たちが住民の皆様の生活に溶け込み、頼りにされている姿をみてとても嬉しく思いました。看護師が医療機関の中だけでなく、地域にいて健康生活を支える、というのはこれからの長寿社会に必要なサービスでしょう。高齢者が溢れている東京のマンション生活にもこんなサービスがあったらどんなに安心かと改めて思わされました。1年間を目安に始めた事業ですが、住民の皆様はもとより、市の保健センターの皆様からも財団の事業の継続を強く求められ、嬉しいやら戸惑うやら・・・。この活動は日本財団の多大のご支援をいただいてスタートしたのですが、もともと財団はパイロット事業と位置づけており、ここで成功すれば、他の場所に移ることも視野に入れつつ、この事業をどこかにバトンタッチできたら・・・と考えていたからです。しかし、復興の状況を見ていても直ぐに仮設住宅から出られる人はそれほど多くないことも事実で、財団の理事長としては何とか事業を続けられるよう努力しなければならないと頭をひねっているところです。

そして、今年は何といっても日本看護連盟として次期参議院選挙を目指して大きな決断をしなければならない大事な年になります。新年早々野田内閣は社会保障と税の一体改革の素案を決定しました。消費税率引き上げ法案をめぐって内閣改造もありそうですし、さらに議員定数削減、衆議院解散総選挙、政界再編成など政界にはきな臭さが充満しています。政治情勢はますます不透明感を増していますが、これからの社会保障制度を考えるとき、どの党が主導権を握ろうとも看護職の働き方を、高齢社会を支えるに相応しい形に変えていかなければならないという方向に変わりはないはずです。そのために高階恵美子議員と一緒に看護界を背負って活躍する人を国政の場に送るという日本看護連盟のミッションを成功させなければなりません。日本で政権交代が行われるような時代が来たということを踏まえつつ、看護の代表を国政の場に送る意義をできるだけ多くの方々にご理解いただき、看護界が一丸となって応援できる環境を整えたいと考えております。近々候補者についてはご報告できると思います。ご期待の上、皆様の一層のご支援をお願いする次第です。

前会長 : 清水 嘉与子

前会長 : 清水 嘉与子

過去のマンスリーメッセージ
最新看護連盟ムービー

  • 特別公開:HANA♪うた
  • 看護連盟プロジェクト
  • 看護連盟ニュース

  • 看護連盟ムービー

  • マンスリーメッセージ

  • あべ俊子国政活動ニュース

  • たかがい恵美子活動報告

  • 石田まさひろ活動報告

  • 木村弥生きむやよ通信

  • WEB N∞

    日本看護連盟の機関誌アンフィニの
    バックナンバーから、注目を集めた
    ページをピックアップ。

  • 目指せ!連盟マスター

    日本看護連盟の機関誌アンフィニに
    連載されている、政治の仕組みを楽しく
    学べるページを再録。

  • キーワード

    今、流行の言葉、注目の言葉、覚えて
    おきたい言葉を、そっと?教えます。

  • Weekly N∞

    ファクスニュース「Weekly アンフィニ」の
    注目ニュースが読めます!

  • ブログ

看護連盟について
 ベッドサイドから政治を変える! 日本看護連盟
日本看護連盟
  • 住所〒150-0001
  • 東京都 渋谷区神宮前5-8-2
  • TEL03-3407-3606
  • FAX03-3407-3627
  • http://www.kango-renmei.gr.jp/