ホーム  >   看護連盟について  >   会長あいさつ

会長あいさつ


日本看護連盟会長

草間朋子

第12代会長を引き受けさせていただくことになりました。

日本看護連盟が昭和34年の誕生以来、保助看法の改正をはじめ、さまざまな看護界の改革を実現してきた先人たちの活動を基盤に、日本看護協会と密接な連携・協働を図りながら日本看護連盟として組織力、社会に対する発信力をより強化し、国民目線にたって看護の抱える課題の解決および新たな看護政策の実現に向けて邁進してまいります。
超高齢社会を迎え、2025年には団塊の世代が後期高齢者の仲間に加わることになり日本の医療保健福祉は、大きな改革が迫られております。

患者さんのQOLの確保のために、それぞれの専門職のパートナーシップの基で専門性を発揮していく本当の意味でのチーム医療が求められている中で、「看護職はチーム医療のキーパーソンである」と位置付けられております。まさに、医療職の半数以上を占める看護職の質が、これからの「治し、そして支える医療」の質を左右することになるとの気概をもって活動していきたいと思っております。

「看護職がチーム医療のキーパーソン」としての役割をしっかり果たしていくためには、一人ひとりの看護職が「プライド」をもって活躍できる環境整備が不可欠です。このためには、看護基礎教育の充実、新人研修の充実、働き続けられる労働環境の整備、確保など多くの課題を解決していかなければなりません。教育、臨床、地域等の現場での改善・改革に向けた努力の積み重ねが必要であることは当然ですが、「法令主導」「官僚主導」の我が国においては、政策決定をする国会や地方議会の場および政策を施行していく行政の場に、看護の意見をしっかり代弁することができる人材を送り込んでおくことが極めて重要です。日本看護連盟の大きな使命は、国政の場に看護の代表を送り出すことです。石田まさひろ議員の選出に際して、連盟のみなさまに発揮していただきました情熱とパワーをさらに強化していくことが、当面、会長に課せられた大きな課題だと自覚しております。

患者さんたちのQOL確保のために、日々、奮闘している「看護の力」をもっともっと国民のみなさまに知っていただきたいと思います。そのことが、看護をそして現場を元気にします。看護職は、患者さん、国民のみなさまの「いのち」「健康」を支えています。また、看護職は、患者さんによって支えられているのです。

最新看護連盟ムービー

  • 特別公開:HANA♪うた
  • 看護連盟プロジェクト
  • 看護連盟ニュース

  • 看護連盟ムービー

  • マンスリーメッセージ

  • あべ俊子国政活動ニュース

  • たかがい恵美子活動報告

  • 石田まさひろ活動報告

  • 木村弥生きむやよ通信

  • WEB N∞

    日本看護連盟の機関誌アンフィニの
    バックナンバーから、注目を集めた
    ページをピックアップ。

  • 目指せ!連盟マスター

    日本看護連盟の機関誌アンフィニに
    連載されている、政治の仕組みを楽しく
    学べるページを再録。

  • キーワード

    今、流行の言葉、注目の言葉、覚えて
    おきたい言葉を、そっと?教えます。

  • Weekly N∞

    ファクスニュース「Weekly アンフィニ」の
    注目ニュースが読めます!

  • ブログ

看護連盟について
 ベッドサイドから政治を変える! 日本看護連盟
日本看護連盟
  • 住所〒150-0001
  • 東京都 渋谷区神宮前5-8-2
  • TEL03-3407-3606
  • FAX03-3407-3627
  • http://www.kango-renmei.gr.jp/